「ほっ」と。キャンペーン
2016年 10月 06日
スーパーカブ90にPIAA LED補助ランプ LP530 DRIVING DS535Bレビュー編
先日、
PIAA LEDランプを取り付けたことを投稿しましたが、
やっと天気もよく道路が濡れていなくて、
気分が乗った日が来たので(笑)
例のごとくテストしてみました。


f0163016_21063952.jpg
取り付けてみるとこんな感じ、
リフレクタータイプなのでそれなりに奥行きありますが、
不自然なほどではないです。


f0163016_21073643.jpg
レンズ中心の先端、グレア防止のシェードに隠れるように、
LED発光素子があります、
下方向にもあります。



f0163016_21083981.jpg
シェードのお陰で前から見ると発光素子が直接見えず、
眩しくありません。
対向車に迷惑かけません。


f0163016_21092343.jpg
裏側です、
放熱用のフィンがあります。
コードが二本出ているだけのシンプルな構造、

f0163016_20231898.jpg
私はデイトナのフラットタイプのスイッチを使いました。

消費電力は8wですが、
日中や長い信号待ちなどは切ってます。



f0163016_21110798.jpg
それでは純正ヘッドライトとの比較写真に行ってみたいと思います!

写真はすべて
Canon EOS 7D mark2
EF35mm f2.0
マニュアル ISO1600 SS 1/25 F2.5
で、統一してあります。


f0163016_21141646.jpg
まずは純正ヘッドライト、
ちゃんとエンジンの回転上げて巡航時の明るさにしてありますよ~^^
バルブはマツシマのB2クリアに変えています。
まぁこんなもんですよねカブのヘッドライト、
国道とかは明るくて良いのですが、
住宅街や郊外に行くと暗い・・・^^;


それではPIAAの補助灯付けてみます。


f0163016_21160362.jpg
はい!毎度のことながらLEDは明るいですね・・・
違いは一目瞭然ですね。
地面の凹凸などがはっきりわかって安心感が違います。
カブ110に付けていたワークランプと違うのは、
シェードを自作しなくても、グレア光(迷惑光)がほぼないことです。
道路を走った感じで言うと、純正ライトと似た配光で、
しっかり見たい場所を照らし出してくれる感じです。
ちょうど1車線分ほどの幅ですね。

f0163016_21193943.jpg
コチラが補助等のみ、
1灯でこれですから、2灯有ればどれだけ・・・
奥のブロック塀をみてもらえるとわかりやすいですが、
カットラインが出ていて上部に無駄な光が出ていません。
これが重要なポイントですね。


最近日が短くなり、仕事の帰りが暗いことも多いですが、
VTRじゃなくカブの日でも、このPIAAの補助等のお陰で快適です^^
他のワークランプ系より高めですが、
配光性能は信頼できます!おすすめです^^




デイトナ(DAYTONA) ON/OFFスイッチ フラットフェイスタイプ(ブラック) 71779
デイトナ(DAYTONA) (2012-05-09)
売り上げランキング: 8,391

[PR]

# by wtmc2wtmc2 | 2016-10-06 21:26 | カブ | Comments(4)
2016年 09月 18日
スーパーカブ90にもLEDサブライト(補助灯)を!今回はフォグじゃないです。
最近、急に日が短くなって、
暗くなり始めるのが早くなりましたね。

VTRで通勤の日はフィリップスのアルティノンLEDのH4を入れているので問題ないのですが、

カブで通勤の日、帰り道、カブなので交通量の多い国道は通らずに、
裏道を走る区間が多いのですが、抜け道は道も悪いし街灯も少ないし、
危険を感じるほど暗いヘッドライトをどうにかしようと
今回もLED補助灯を取り付けようと色々リサーチしました。
前回と同じライトでも良かったのですが、
スーパーカブ110の時のように、バイザーで対向車へのグレア対策しなくても良いライトはないか、
と調べてみるとありました。

PIAAの作っているサブランプシリーズ、
ヤマハやホンダがオプションで販売しているものが、
ハーネスやストーンガードなどがない単品で販売しているのを見つけました。
メーカーオプションだと2個で5万ほどするようですが、
単品だと7千円前後で買えますので安物中華製を買ってグレア出まくりすぐ故障とかより、
今回は信頼性を採用してみました。


こちらはフォグランプ



今回私が選んだのはコチラのドライビングランプ。


f0163016_20173919.jpg
Amazonから届きました、
連休が台風絡みの雨で、釣りにも外に遊びにも行けないので取り付けることにします。
息子に自転車を買ってもらったので練習をしに行きたかったのですけどね。


f0163016_20180065.jpg
ささっとステーを買ってきて仮止めしてみました、

大きめの丸型ランプなので、やはり前カゴがついているならこの位置がしっくりきますね(笑)

消費電力が少ないので、2個買ってダブル!っていうのも悪くないでしょう^ー^



f0163016_20200149.jpg
ライトケース内の黒い線がキーオンで電気が来る線なので、
そこから電気をイタダキマス。
消費電力は8wと省電力なので、バッテリーから持ってくる必要はないでしょう。


f0163016_20211104.jpg
こんな感じでステーを使って固定しました。


f0163016_20223454.jpg
いい感じで取り付け出来ました。
全部終わったら保護フィルムを剥がしましょう。


f0163016_20231898.jpg
スイッチは今回はこれにしてみました、
セル無しなのでこの場所がフラットだったので、
デイトナのフラットフェイスタイプスイッチにしました。
走行中にでも親指でオンオフ楽勝です。

デイトナ(DAYTONA) ON/OFFスイッチ フラットフェイスタイプ(ブラック) 71779
デイトナ(DAYTONA) (2012-05-09)
売り上げランキング: 13,582

f0163016_20282634.jpg
早速点灯!
いい感じです!


f0163016_20291398.jpg
さすがPIAA製です!カットラインがバッチリ出ています。
これなら対向車も眩しくないでしょう。
メーカーオプションに採用されているのも納得の品質です。
明るさも消費電力8wということを考えるとすごく明るいですね。
結構な雨が降っているので、光軸調整や比較写真はまた後日・・・
早く試運転してみたいです!




[PR]

# by wtmc2wtmc2 | 2016-09-18 20:39 | カブ | Comments(0)
2016年 09月 10日
これで最後かな?スーパーカブ90クラッチオーバーホール
私のスーパーカブ90、
10km以上走行して、エンジンが熱を持ってくると、
停止時にクラッチが微妙に繋がり初めて、
ブレーキをかけていれば前には行かないのですが、
エンジンがストールしかける時があるんです。
そして少し駆動力がかかるので、ギアがニュートラルに入らなくなるんですよね、
一瞬アクセルを吹かせばその間にニュートラルに入るので、
そうやっていました。

毎回必ずではないので、整備は後回しにしていたのですが、
先日カムチェーンを交換して異音もなくなったので、
最後のこのポイントが改めて気になってきました・・・。
なので台風が接近中で出かけられないし、
オイルも交換時期に来ているので、
ちゃちゃっと直してしまうことにしました!


f0163016_23564565.jpg
amazonの箱のなかに入っていたクッション代わりの紙がたくさんあったので、
作業用に敷きました。

f0163016_23564535.jpg
まずはオイルを抜いてしまいます。
汚れ具合はボチボチ


f0163016_23564670.jpg
レッグシールド、ステップ、マフラーを外します。


f0163016_23564685.jpg
最近良くレッグシールドを外されているカブです。


f0163016_23564607.jpg
カバーを外しました。
クラッチのお出ましです!
抜けきらなかったオイルが結構タレ出てきます。


f0163016_23564689.jpg
パーツを順番に外していきます。


f0163016_23564666.jpg
あれ?
ロックワッシャーのツメが折られていない・・・う~ん、
中古車両はよくわかんないですね^^;
遠心式オイルフィルターもカスがびっしり、
お掃除します。


f0163016_23564620.jpg
一本の爪がなんだかボロっています。
これが原因・・・?でもなぁ・・・


f0163016_23564753.jpg
ロックナットを外してクラッチが外れました。
どんどんバラしていきます!



f0163016_23564716.jpg
と、その前にこの部分のフィルターを・・・


f0163016_00074152.jpg
きちゃない!
結構汚れが・・・なんだか繊維質なゴミが多かったですね、
パーツクリーナーで吹き飛ばしました。


f0163016_00074155.jpg
可能な限り他の部分も掃除しておきました、
こんな機会なかなか無いですからね~


f0163016_00074122.jpg
クラッチ、なんだかとっても焼けていますね・・・^^;
オイル切れで走っていたであろう車両なので、仕方がないですね^^;



f0163016_00074176.jpg
どんどん分解して、こんな状態になりました!
遠心クラッチってよく考えられていますね~
分解したのにいまいち仕組みがわからない(笑)


f0163016_00074157.jpg
シューの方はそんなに減っていないみたい、
でも消耗部品揃えているので全部交換です!


f0163016_00125195.jpg
純正部品がどっさり!



f0163016_00125124.jpg
分解した手順と逆に組み付けて完成!
バネ類も全部交換しておきました。


f0163016_00125125.jpg
このボールが3つついたパーツがポロポロ落ちてこのままだと組みにくいので、
少し粘度の高いグリスを付けて密着させ、
妻にカブにまたがってもらい出来るだけ傾けてその間にカバーを取り付けました。


f0163016_00152213.jpg
ふぅ~なんとか終わりました!


f0163016_00152277.jpg
オイルはいつものウルトラG2 10w-40


f0163016_00165757.jpg
今回交換したパーツです。
成功した用で、この日以来今までの症状は出なくなりました。
やっぱり自分で直すとなんだか愛着が増してきますね・・・
やはりカブは面白い^^





trangia(トランギア) ブラックケトル 0.6L TR201325
trangia(トランギア)
売り上げランキング: 35,133

[PR]

# by wtmc2wtmc2 | 2016-09-10 00:33 | カブ | Comments(4)